スポンサーリンク

読みたい本がない時すぐに見つけられる探し方

注目記事

頭が良くなりたいなら本を読め、とよく言いますよね。

確かに、本を読むことは頭が良くなるための最善の方法です。

本ならなんでも良いの?

何でも良いんです。漫画でも、小説でも、雑誌でも、自己啓発本でも。

大切なのは、その本を読んで分からなかったことや気になったことを調べることです。

そして、得た知識を自分の中に持っておくだけでなく、外は吐き出す(アウトプットする)ことも大切です。

そうは言っても読みたい本が見つからないという方に…

読みたい本を探すには、他の「好き」とリンクさせることが良い方法だと思います。

好きなことを思い浮かべる

なんでも構いません。あなたの好きなものを思い浮かべてください。

一度、本を探そうという気持ちを捨てて。ひとつじゃなくても結構です。

「あれが好きだな」「これが好きだな」

思い浮かべましたか?

思い浮かべたのが芸能人なら・・・

好きな芸能人というのは俳優も、スポーツ選手も含むことにします。

思い浮かべたのがそういう人たちなら、その人がテレビや雑誌のインタビューで紹介したお気に入りの本や、その人が書いたエッセイなどをおすすめします。

僕の場合なら、大泉洋さんが好きなので『大泉エッセイ 〜僕が綴った16年』(角川文庫)を読んでみました。

実は僕は少し前まで軽いうつ病でした。 一日一食のみの日も増え、体...

大泉さんの半生が、あの独特の言い回しで面白おかしく語られていくのでどんどん読み進めていくことができました。

好きなあの人が気に入った本だから、きっと面白いはず!
好きなあの人の書いた本だから、きっと面白いはず!

そんなモチベーションで読んでみてください。

思い浮かべたのが映画やドラマなら・・・

映画やドラマを思い浮かべたなら、そのノベライズ(小説版)を読んでみてください。

「一度観たものだから、つまんないんじゃ・・・。」

と思うかも知れませんが、面白いドラマや映画は何度観ても面白いはずです。

というより、もう一度観たい!と思ったものを、DVDなどで観返すのではなく、小説版を探して読んでみてください。

一度観たことがあるから、文字の情報だけでもどんな場所で、どんな人が、どんな口調で話しているかが鮮明に思い浮かぶはずです。

思い浮かべたのが漫画なら・・・

好きな映画やドラマと同様ですが、この場合だと本編のノベライズというよりは番外編を小説として出していることが多くあります。

あのとき、主人公と別行動していたあの人物はこんなことをしていた
とか
○○編と○○編のあいだではこんなことがあった

みたいなスピンオフ小説がでている漫画がいくつかあります。

あるいは小説オリジナルのストーリーを原作者が監修することもあるので、漫画をもっと楽しむならこれを読まないわけにはいきません。

登場人物がすでに絵としてでているのでこちらも読みながら想像しやすいと思います。

思い浮かべたのがジャンルなら・・・

これは前述までの「好き」をさらに発展させたものになります。

SF?
恋愛?
アクション?
ミステリー?
ホラー?

「好きなもの」として思い浮かべたのが上に書いたようなジャンルなら・・・

「SF 小説 おすすめ」などと検索してみれば、いろんな小説がでてくると思います。

「いっぱいでてきてどれ読んだらいいかわかんないよ!」

という方は、ランキング形式で紹介されている内の1位を読んでみてください。きっと気に入るはずです。

「好きなものとリンクさせるのはわかったけど、そもそも文章を読むのが億劫なんだよ!」
という方に・・・。

文章を読むコツについての記事をご覧ください。

文章を読むのがつらい! そんな方にいくつか文章を読むコツを教えていき...


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 「好きな本を探す編」を読んでいない方は先にそちらを読むことをおすすめします。 (「好きな本を探す編」はこちら) […]

  2. […] 「好きな本を探す編」を読んでいない方は先にそちらを読むことをおすすめします。 (「好きな本を探す編」はこちら) […]

  3. […] はじめての読書「読みたい本を探す方法編」-読みたい本がない、なんてあ… はじめての読書「文章を読むコツ編」ー早く読もうとするな!- […]