スポンサーリンク

一人暮らしで一ヶ月の食費2万円を達成するための節約術

注目記事

一番削れるところ

家賃、通信費、交通費、生活費、食費・・・

一人暮らしでかかるお金のうち、一番削りやすいのはやはり食費です。

三食すべて外食やコンビニ食にしてしまうとすぐに30000円、40000円と膨らんでいきますが

自炊すれば10000円くらいならすぐに余裕が生まれます。

でも自炊するのは面倒ですよね・・・。

そこで僕が一人暮らしをする中で、最低限の労力で食費を減らす方法を見つけ出したのでご紹介したいと思います。

もちろん栄養面も考えています!

まず概算してみよう

まず、一ヶ月=30日で20000円を割ってみましょう。

20000円/30日=約666円 (不吉!)

つまり一日666円に抑えればいいということですね。

早速なにをどう食べていくか考えていきましょう。

まず、米!

日本人としてやっぱりお米は欠かせません。

経験上、一日一合食べて、28日前後で5kg分消費しますので5kgの米を買うのがわかりやすいでしょう。

一日一合食べますが、これを朝夕とか、昼夕とか二回に分けて食べてもいいですし、晩御飯だけで食べてもいいと思います。

5kgのお米は大体2000円~2500円くらいで購入できます。

ここでは計算がしやすいので2100円のお米を買ったことにしましょう。

そうすると2100を28日で消費するので・・・

2100円/28日=75円

一ヶ月には2日分足りないので買い足すとして、実際は一ヶ月にかかるお米の費用は2250円になります。
それでも一日にかかるのは75円で変わりないのでこのまま考えていきましょう。

まず一日75円かかることがわかったので、

666円-75円=591円

残り591円使えることになりました。

はずせない、おかず

やはり、おかずは欠かせません・・・といいたいところですが、ここが一番お金がかかるところですので最低限まで抑えましょう。

一番お金のかからないのは「レトルト食品」です。

安いものなら80円くらいからありますし、定番のレトルトカレーは大盛り300グラムで100円くらいのものもあります。

バリエーションはそこまで多いとはいえませんが、親子丼やハヤシ、ビーフシチュー、牛丼、塩ダレ豚丼など一週間でローテーションできるくらいはあります。

このローテーションが一番お金がかからないので、夕飯はできればこのようなレトルト食品のみで済ましてしまうのがたいへん安上がりです。

591円-100円=491円

一番ネックな昼飯

あえて晩御飯のメニューから考えたのは、一番お金をかけずに済むところだからです。

夜は少しお腹が空いてもあとは寝るだけですから。

でもそんな状態で起きた次の日はやはりお腹の空き具合は相当なものです。

あと491円を自由に使ってもいいのですが、やはり栄養は取らなければいけません。

僕の場合、大半の栄養は「野菜ジュース」「豆乳」で賄っています。

野菜ジュースは管理栄養士推奨になっている伊藤園の「一日分の野菜」200mLを飲んでいます。

たまにビタミンCが中心に入っているものを飲むときもあります。

豆乳は味がたくさんあるのでその日の気分でコーヒー味にしたり、きなこ味にしたりしていますが、一番良いのは無調整豆乳でしょう。

両方ともだいたい100円前後なので

491円-200円=291円

のこり291円で、僕の場合おにぎり2つ入った200円くらいのやつとか、カロリーメイトとか、とにかく安くてカロリーの高いものを食べて

夜まで粘ります。

(カロリーメイトはほどほどにしてくださいね・・・)

あなたの好きな食べ物はなんですか? 僕はカロリーメイトのチョコレ...

「安くてカロリーの高いもの」というと、「パン」や「お菓子」が一番最初に思いつきますがこれはあまりお勧めしません。

たまにならいいですが、小麦や砂糖は節約する上で時に頼れる味方であり、時に強大な敵になるものです。

もしあなたの体が丈夫なら頻繁に食べても平気かもしれませんが、僕のような貧弱者の場合小麦はアトピーの大敵ですし、砂糖なんてもってのほかですから。

僕のアトピー遍歴 小3の時、アトピー発症 はじめてアトピーが発症し...

僕と同じような体質の人は、できるだけご飯や、近くにスーパーなどがあればおそうざいを中心に食べるようにしてください。

まとめ

現在僕は、野菜をそのまま取ることをほとんどしていませんが野菜ジュースと豆乳は欠かさず飲んでいます。

少し余裕があるときは納豆も食べています。

そのおかげか体調に問題はなく、快弁ですし、肌も豆乳の作用か(年を重ねたせいか)にきび一つない状態を保てています。

前回、普段アトピー再発防止のためにしていることをご紹介しました。 ...

ここではあえて20000円丁度になるくらいの計算をしましたが、僕の場合一日の食費を700円までと決めているのでもう少し余裕を持って食事をとることができています。

切り詰めすぎて精神までやられてしまっては本末転倒ですから、

節約で一番大事なのは、「今日は少しくらい予算オーバーしてもいいかな・・・」という日を週に一日は持つことです。

あまり気負いせずに、まずは700円くらいにおさまったらいいな、くらいの気持ちで挑戦してみてください!

ぜひ、健康的な節約ライフを送ってください!




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする