自分の将来の夢を親に反対されている人へ。夢を追うのはだれでもできる。でも・・・ |

自分の将来の夢を親に反対されている人へ。夢を打ち明けるタイミング間違えていませんか?

注目記事

今あなたがみつけた夢はなんですか?
大企業に勤めること?

芸能人?

声優?

おそらく親に反対される多くの夢は芸能界や声優などの「役者」仕事や漫画家やバンドなどの「アーティスト」でしょう。

親が反対する理由

どんな夢でも、夢を持たないよりはずっとましです。

でも親というものは子供にできれば食いっぱぐれる可能性の少ない仕事に就いてもらいたいものですから、一部の人間しか活躍できないような業界には行ってほしくないのです。

親に自分の夢を打ち明けるタイミング

あなたが夢を持ったとき、どのようなタイミングで親にそれを打ち明けますか?

「これになりたい!」と思ってからすぐに言っていませんか?

その段階では十中八九、親も反対することしかできません。

なぜなら、その夢についてあなたがどれくらいの気持ちで夢に向かって、既に何かを実践して結果を出しているのか、また出せるのかがわからないからです。

まずはその夢を実現するためになにか行動を起こして、自分にどれくらいの実力があるのかはかりましょう。

夢を反対されたくないならプレゼンしよう

親に自分の夢を認めてもらいたいなら、何か実践して結果を出してから打ち明けましょう。

「こういう夢を持っていて、いまこういうことをやっていてこういう結果を出したから、これからもこの道でもっと活躍したい、食べていきたい。」

という具体的な進捗状況を打ち出すことで自分の子供がどれくらいの気持ちでその夢に向かってがんばっているのか、どれくらい才能があるのかを理解してくれます。

役者になりたいなら演劇部や劇団に入って賞をとるとか、アーティストになりたいなら片っ端から新人賞に応募するとか

最近ではYoutubeで再生数がどれだけ伸びるか挑戦してみるのも自分の才能を確認する良い手段になります。

「言うは易く行うは難し」ということわざがあります。

夢を口にするのは簡単でも、いざ実行するとなると躊躇してしまうものです。

実行するのが難しいのは、その手段や方法ではなく自分の気持ちの問題です。

実行することで自分の才能の無さに気づくのが怖いからと、実行するのを戸惑っていませんか?

スポンサーリンク

その夢を目指すことを口実に「高校を辞めよう」とか、「仕事に就かない」とか考えていませんか?

自分の好きなこと、やりたいことを目指す過程で必ず学校や仕事よりも嫌なことをしなければならない瞬間が訪れます。

それが「最初に行動を起こすとき」と「その結果が出るとき」です。

周りの人間と比べて自分が劣っていることを知ってもなお続けるか、あきらめて別のことを探すのか。

なにかしら実践して、自分でもどれだけの才能があるのかを客観的に見てから親に話しましょう。

「とりあえずやってみる」の繰り返し

そうして実践していくうちに自分には才能があまりないんじゃいかと思うときが来てしまうかもしれません。

そのときは潔くあきらめて別の道を探してみるのもひとつの手です。

きっとどこかでしっくりくる、やり続けられるものが見つかることでしょう。

僕もたくさんのことを実践してきました。

その結果いまこうして、「書く」ということと「教える」ということがなによりも好きだと気づくことができました。

いま追い続けている夢を叶えたい理由 いま、あなたが追い続けている夢は...

そうして親を最大限に利用する

そうは言ってもやはり一人では気持ち的にも金銭的にもなかなか頑張れないものです。

そのときは親を最大限に活用しましょう。

一人暮らしをしていて生活が厳しいなら、実家に戻って最低限の生活費を稼げるバイトをして夢を叶えるための時間をゆっくり取れるようにするとか。

どうしても専門学校にいきたいなら上記の通りなにか実践して親に納得してもらって金銭的な援助をしてもらうとか。

親はどうしても子供を甘やかしてしまうものです。

自分がどれだけ本気なのか見せ付けたら、親をこれでもかというくらい活用しましょう。

まとめ:子供が様々なことに触れる機会を

情報技術の目覚しい発達で、仕事というものは多様性を増し、また変容しているこの時代で良い企業に就職することが正しい人生とは言い切れません。

子供が様々なことに興味をもっているのに、それに触れられる機会を凝り固まった考え方で頭ごなしに反対するのは時代遅れです。

まずは子供に実践させてあげる機会を増やして子供が自分の価値観で将来の夢を定められるように育てるのが親の役目だと思います。

だからこそ子供も数多ある仕事の中でなぜそれが自分に向いていると思い、どれだけの才能があるのかをプレゼンできるようになるべきだと思います。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする