ロジックツリーを使って語彙力を高める簡単な方法と類語辞典の有効活用 |

本を読まなくても語彙力が上がる類語ロジックツリーの作り方

注目記事

みなさんは誰かと会話しているとき「こういうのなんて言うんだっけ・・・?」となったことはありませんか?

かくいう僕もよく言い回しを忘れてしまうのですが、そのたびに今回紹介する「類語ロジックツリー」で語彙を増やして会話を途切れさせないようにしています。

この方法が意外と広く知られていないのではないかと思ったのでご紹介いたします。

「語彙力を高める」とは言い換えると・・・

語彙とはこの世に存在するあらゆる単語を総称した言い方です。

語彙力とはその無数の単語を数多く使いこなせる力のことです。

つまり、「語彙力を高める」ということは「たくさんの言葉を自由に扱うことができるようになる」と言い換えることができます。

「なんだ。そんなことわかっているよ」と思うかもしれませんが、これをまず頭に入れてからこの後の記事を読むと「なるほど!」と納得できるはずです。

「ロジックツリー」とは

ロジックツリーとは本来、会社の構造分析や改善点の導出・アイデアの提案のために広く使われるひとつの方法です。

形としては下図の形が基本になります。

ツリーの種類として「Whyツリー」と「Howツリー」などがあることからもわかります。

ある問題や課題があって、その問題がなぜ起こるのか、もしくはどうやって改善するのかまた実施するのかを木の枝状に考えていくものです。

※参考)http://www.kantokushi.or.jp/lsp/no657/657_01.html

ですからもともとは語彙力を高めるための方法ではないのですが、これを上手く流用して語彙の整理ができるので活用していきましょう。

では具体的な「類語ロジックツリー」の作り方について説明していきましょう。

「類語ロジックツリー」の作り方

まずひとつ単語を決めましょう。

なにも本を読んで、そこから選び抜こうなんてしなくても構いません。

テレビや誰かとの会話から気になった単語をひとつ選んでください。

例として「ひっきりなし」という単語を選んだとします。

まず「ひっきりなし」の意味を調べておくとさらに身になります。

「ひっきりなし」とは「絶え間がない。続けざま。」という意味ですね。

この意味と同じものを考えていけばいいわけですが、自分の力だけではなかなか限界がありますよね。

その際に役にたつのが「類語辞典」です。

「類語辞典」を活用しよう

ネットとは本当に便利なものだと、つくづく思います。

スポンサーリンク

「ひっきりなし 類語」と調べればすぐに類語がでてきますから。

なかでも重宝しているのがWeblio類語辞典」様です。

調べたい単語を検索すれば細かい用途に分けて類語が多数でてきます。

これを利用しない手はありません。

さきほどの「ひっきりなし」を調べると「頻り(しきり)」「頻繁」「立て続け」などが類語だとわかりました。

加えて、どうやら「頻」という漢字に「繰り返し起こる」という意味が含まれていることもわかりますね。

次に「頻繁」と「立て続け」の類語を調べてみましょう。

たくさん類語がでてきますが、なにも全部覚える必要はありません。

どれかひとつかふたつを選んでそこからまた枝分かれしていけば自然と語彙は増えていきます。

用途(意義素)ごとに分かれているので正しい使い方も勉強できるのが良いですね。

「頻繁」の類語の中に「のべつ」がありますね。

「のべつ幕なし」という言葉はどこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか?

「のべつ」も「のべつ幕なし」も「絶え間なく続くさま」をあらわしていますが「のべつ」だけでも使用できることがわかりました。

このように続けていき表にあらわせば「類語ロジックツリー」の完成です。

「類語ロジックツリー」完成!

これを目に付いた単語でたくさんやっていけばいつの間にか語彙が増えているはずです。

まとめ:ひとつの単語から倍々に

「Weblio類語辞典」は対義語も調べることができるのでそちらで「対義語ロジックツリー」を作ってみるのも大変有効です。

気になった単語ひとつだけでも2つ、4つと新しい言葉を知ることができるので非常に簡単で効率の良い語彙力の高め方だと思います。

誰かとの会話で言いたいことを端的にあらわして万一伝わらなかったときも、この方法なら似た単語をいくつも覚えられるので「この人は頭が良いんだな」と思わせることもできますよ。

とにかく聞きなれない言葉遣いたがり 頭の良い人はとにかくいろんな言葉...

「本を読むのが好きじゃない」という方でも誰かとの会話やテレビから聞こえてきた単語、街中で目に付いた単語、なんとなく思いついた単語などを調べていけば、十分に語彙を増やすことができるので是非実践してみてください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする