アコギが弾けるようになってきたら挑戦したい曲。中級者・上級者向けソロギター |

アコギが弾けるようになってきたら挑戦したい曲。中級者・上級者向けソロギター

注目記事

アコースティックギターがある程度弾けるようになってきたけど、弾きたい曲がなくなってきた・・・。

そんな方におすすめしたい少し難易度の高いソロギター曲をご紹介します。

Windy and warm/Chet Atkins

チェット・アトキンス作曲のフィンガースタイルの一曲です。

『Windy and warm/Tommy Emmanuel』

TAB譜も無料で公開されていますし、

トミー・エマニュエル本人のチャンネルで演奏動画もアップロードされています。

弾き語りには挑戦してもフィンガースタイルは与り知らずだった人も多いのではないでしょうか。

この曲はフィンガースタイルの入門的な曲ではありますがいままでフィンガースタイルをしてこなかった人にとっては少し難易度が高い曲です。

親指で一定のリズムを刻み、他の指でメロディを奏でられるようになると弾ける曲の幅は一気に広がります。

この曲が弾けるようになったらチェット・アトキンスのほかの曲も調べてみてはいかがでしょうか。

これよりも難易度の高い「Mr.Sandman」もおすすめの一曲です。

ルパン三世のテーマ’80/南澤大介

南澤大介氏が出版している『ソロ・ギターのしらべ』シリーズの中の一冊「至上のジャズ・アレンジ篇」にTAB譜が載っている一曲。

ジャズ風にアレンジされたおしゃれな一曲です。

スポンサーリンク

テンポを崩さずに弾くのが肝です。

この方以外にも多くの方がこの曲を自己流でアレンジして弾いているので好みに合う人の演奏を参考にして、自分でいろいろアレンジして弾いてみるのもこの曲の醍醐味です。

Close to you/Fried Pride

宇田大志氏がカバー・アレンジしたこちらのTAB譜がおすすめです。

たびたび出てくる三連符やテンポが速くなったり遅くなったりするのでテクニックの向上にはもってこいです。

この曲も多くのアレンジがあるのでいろいろ探してみてください。

トミーエマニュエルのアレンジは原曲に準拠していておしゃれですよ。

How deep is your love/龍藏 Ryuzo

往年の「BEE GEES」の名曲、『How deep is your love』をアレンジしソロギターで演奏したこちらの動画とTAB譜がおすすめです。

ネイルアタックの練習にはもってこいの一曲。

解説動画もあるので丁寧に上達できます。

まとめ

いかがでしたか?

簡単に弾けそうでも少し難しい曲をチョイスしたのでぜひ挑戦して、テクニックの向上に努めてみてください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする