大学進学にかかる費用と大学生の一人暮らしに必要な生活費。奨学金の話 |

大学進学にかかる費用と大学生の一人暮らしに必要な生活費。奨学金の話

注目記事

大学に行く前に

大学進学前にまず考えなければいけないのが、入学金や学費、生活費などのお金のこと。

自分ひとりで考えるのではなく親と一緒にどのくらい援助してもらえるのか、

どのくらい自分で賄わねばならないのかしっかり話し合っておかないと、進学後に思ったよりもバイトをしないといけなかったり、卒業後に返す奨学金の額が大きくなったり・・・。

この記事でも書きましたが、僕が落ちぶれた理由はお金のことを深く考えていなかったことも大きく影響しています。

そんな事態にならないよう、あくまでも一例ですが僕が大学進学にかかった費用をお教えしたいと思います。

入学金

僕は私立でしたので入学金は約20万円でした。

国公立の入学金の平均は約30~40万円ほどです。

1年間の授業料

私立ならだいたい100万円

国公立なら50万円ほどです。

4年間でかかる入学金と授業料の合計

私立なら500万円程度

国公立は約250万円前後です。

一人暮らしする場合の生活費や家賃

食費・・・3万円

生活用品&教材費・・・2万円

家賃・・・5万円

ーーーーーーーーーーーーーーーー

合計・・・10万円

学部や地域により前後しますがだいたい10万円はかかると思っておきましょう。

加えて入居時に敷金礼金や家電などでプラス20万円弱かかることもあります。

スポンサーリンク

奨学金

学校の説明で耳にたこができるほど言われていることだとは思いますが、奨学金とは名ばかりでこれは自分の名義で借りる借金であることをまず頭に入れておきましょう。

日本学生支援機構の利息ありの第二種奨学金なら

月額3万円、5万円、8万円、10万円、12万円とあります。

保証人を立てず保証会社を立てるならここから保証金として7千円ほど引かれます。

僕の場合

入学金と4年間の授業料(500万円) + 4年間の生活費(480万円)で約1000万円かかる計算になります。

そして僕は奨学金を月12万円借り期間保証で7千円引かれ11万3千円借りて、さらに地域の福祉金で20万円借りていたので

4年間で約560万円は奨学金で賄えるわけです。

つまり残りの440万円は親の援助は一切ありませんので自分のアルバイトで稼がないといけませんでした。

アルバイトを週に五日

僕は一年間で割ると110万円、月に9万円稼がないといけませんでした

時給850円のところで働いていたので月110時間で9万円いきます。

土日は両日ともに朝から晩まで8時間。平日は3時間を3日。あわせて週に5日働いていました

正直つらかったです。

朝寝坊して講義に出られないこともありました。

まとめ:今一度自分の家の経済状況を聞いてみよう

僕のように月9万円稼がないといけないような状況なら

余程大学に行かないと取れない資格取得を目指しているような場合でない限り考え直したほうが身のためです

こちらの記事でも書いていますが就職するのもひとつの手です。

まず就職して貯金して、それから大学にいくのでも遅くはないはずです。

バイトもする必要がなく学業に専念できるのが一番ですから、今一度家の経済状況を聞いて計算してみて、以上のことを参考にして、どうするのが最善か考えてみてください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする