一人暮らしのアパート選び方。見ておきたいポイントに注意して探そう。 |

一人暮らしのアパートの選び方。見るべきポイントに注意して探そう。

注目記事

進学や就職ではじめて一人暮らしをするとき、アパート選びは一番注意したいところですよね。

内装は気に入ってもアクセスが悪いと不便ですし、その逆もしかりです。

というわけで今回は、一人暮らしのアパート選びについて注意したいポイントや見ておきたいポイントをご紹介します。

アパートの内装について

木造より鉄骨。鉄骨よりRC(鉄筋コンクリート)

まず注意したいのがアパートの構造です。

木造は一番防音性に乏しく、その次に鉄骨、鉄筋と続きます。

もちろん鉄筋のほうが家賃が高くなる傾向にあるので予算と相談して折り合いをつけましょう。

窓の位置・方角

太陽は東から西へ南よりに回っていきます。

ですから南向きに窓のある部屋がいちばん洗濯物もよく乾きます。

隣の建物が目の前に見えるような位置に窓があるのは最悪ですので、一番に確認しましょう。

ロフト付きは避けたほうがよい

選びがちなロフト付きの部屋は一見スペースが広く利用できて便利そうに見えますし、秘密基地のようで最初のうちはわくわくしますが

夏は死ぬほど暑く、はしごの上り下りも面倒になってきます。

よほどそれ以外に気に入っている点がない限りは避けたほうがよいでしょう。

コンセントの数と位置

位置に関しては延長コードで調整すればいいですが数に関しては注意したいところです。

テレビ、レコーダー、充電器、扇風機やヒーター、諸々を同時に使おうとすると最低でも4つは穴が欲しいですね。

スポンサーリンク

キッチンの大きさ

一人暮らしをしていると結局洗いものをしなくなりますが、いざするときにシンクが狭いと洗いづらく水もはねてびしゃびしゃになります。

中くらいの大きさのフライパンが丁度入るくらいなら窮屈ではないでしょう。

ユニットバスは一長一短

ユニットバスのアパートは比較的家賃が安く、掃除もしやすいのですが、

一回一回水気を拭かないといけなし、少しさぼるとすぐにカビが生えるしでものぐさな人間には向いていません。

玄関に郵便受けはついていますか?

見落としがちなのが郵便受け。

なくてもこまらないだろうと思っていましたが、仕事が終わって帰ってくるとチラシが散らばっていていちいちかがんでまとめなければいけないのでとても面倒です。

アパートの周辺について

コンビニ

一番使うコンビニは徒歩5分圏内にあると助かりますね。

スーパー

たまに買出しに行く程度なら徒歩10分~15分程度にあればいいでしょう。

ドラッグストア

意外に一番使うのがドラッグストア。

シャンプーやトイレットペーパー、薬類が低価格で手に入るので近くに一軒は欲しいですね。

ボックスティッシュやトイレットペーパーはかさばるので徒歩でいけるところにあるとうれしい。

まとめ

いかがでしたか?

一軒だけ内見して決めてしまわずに、何軒か回っていちばん良いところを見つけてください。