お金のかからない趣味とかいろいろやってみた感想をただただ書いていく |

お金のかからない趣味とかいろいろやってみた感想をただただ書いていく

注目記事

仕事中、「明日から二連休だー!」とわくわくしていたのに

いざ休日に入ってみると「なんもすることないわ・・・。」となることって、あるあるですよね。

僕はそんな時とりあえずしたことないことにトライしてみるわけです。

というわけで今回はいろいろ趣味として挙げられることを初めてしてみた感想や初期費用、メリット・デメリットを綴っていこうと思います。

ギター

一番最初に始めた趣味で、6年ほど続いて今も楽しくやれている唯一の趣味です。

もともと歌が好きで、かっこいい歌を見つけるたびに弾いているのでずっと続けることができています。

初期費用

初心者用のギターセットならギター本体、ケース、弦、ストラップなどもろもろついて15,000円ほどでもありますがおすすめはしません。

もう少し予算を増やして3万円から5万円のギターを買って、あとからいろいろ買いそろえていったほうがすぐに止めることなく続けられると思います。

なので初期費用は50,000円ほどですね。

メリット

趣味を聞かれたときにギターというとだいたいの人が羨望のまなざしで見てくれます。

どこかの研究によれば楽器を演奏することで、創造力や分析力、語学力などの思考が鍛えられるそうです。

維持費用は無料のコード譜やTAB譜もネットでたくさんあるのでギターの弦代だけで一ヶ月に1,000~2,000円ほどで済みます

デメリット

はまるとどんどん高いギターに手を出したくなる。

スコアブックが高い(一冊2,000~3,000円)のでいろいろ買おうとするとお金がかかる。

ナンプレ

いわゆる数独です。9×9のマスの縦横と3×3のマスの中に同じ数字が入らないように埋めていくアナログゲームです。

たまに思い出したようにやってみると没頭してしまう趣味です。

初期費用

スマホのアプリもあるので0円からできます。

しっかり書いてやりたいかたは500円ほどで毎月発刊しているナンプレの雑誌がたくさんあります。

メリット

頭が鍛えられる。

一回ごとに時間がかかるのではまるとこれだけで一日つぶせる。

懸賞つきの雑誌で楽しみながらできる

デメリット

単調になりがち。

人を選ぶ。

パズル

いわずもがなピースをあわせて絵を完成させるゲームです。簡単なものだと400ピース。難しいものだと10000ピースを超えるものもあります。

アメコミ、とくにマーベルの映画が好きなので新しい映画が公開されるたびにパズルも一緒にでるので飽きずに楽しめます。

初期費用

パズルとパズルを飾るための額縁(フレーム)をあわせるとだいたい2,000~3,000円ほど。

メリット

豊富にあり自分の好きな映画やアニメ、絵画、風景などのオリジナルの絵を飾れるのが楽しい。

徐々に完成していくのを見るのが楽しい。

デメリット

慣れてくるとピースの少ないものだと2,3時間で完成するのでそのたびに買い足すと意外とお金がかかる。

大作の作り途中に飽きるとお金とか時間とかいろいろもったいない。

作り途中のものの置き場所に困る。

スポンサーリンク

スケボー

なかなか上達しませんがやっとのことでメイクできたときの達成感はひとしおです

初期費用

やすいものだとろくにメイクも決められないので、最低でも10,000円ほど。

メリット

体を動かせる。

男ウケは良い。

デメリット

スケートパークや広い場所がないとできない。

小さい怪我をしがち。

ベアリングなどに興味がわくとそれなりにお金がかかる。

スノボー

一回目はろくに滑れず、二回目でやっとなんとなくものにできました。

ワンシーズンに一回しか行かないので上達までに時間がかかりますね。

初期費用

ゲレンデに行くガソリン代orバス代+ウェア+ボード+ブーツ

ウェア類を買いそろえると50,000円~位になると思います。

レンタルなら5,000円ほどで済みます。

メリット

かっこいい。

女性ウケも良い。

デメリット

シーズン中(11月~3月くらい)にしかできない。

そのためにいろいろ買いそろえるのに抵抗があるのでレンタルに頼りがち。

プラモデル(ガンプラ)

初期費用

プラモデル(1,000円~10,000円)+ニッパー(500円~2,000円)

最初は上の二つだけあれば組み立てられます。

本格的にやるにしてもピンセットやトップコートスプレー、ウェザリングマスターなども500円ほどで買えます。

メリット

MGやPGなら一日で終わらないので完成したときの達成感を味わえる。

種類が豊富。

デメリット

オタクっぽく思われる。

ヨゴレなどフィギュアっぽく見せるためにはセンスがいる

ルービックキューブ

初期費用

世界基準のものでも1,000円ほどで購入できます。

維持費用も滑りやすくするためのシリコンスプレー(300円)程度で済みます。

メリット

頭が良くなる。

手先が器用になる。

デメリット

すぐ飽きがち。

まとめ

いかがでしたか?

人によってはまる趣味も大きく変わると思うので、いろいろやってみてください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする