4万円でお手軽ハイレゾPCオーディオシステムを構築してみませんか |

4万円でお手軽ハイレゾPCオーディオシステムを構築してみませんか

注目記事

現在は少し下火になってきたハイレゾブーム。

出た当時はハイレゾを詳しく知らない人間に「なんかよくわからんけど高音質だから買おう」という購買意欲をそそるヘッドホンなどがどこもかしこも販売していました。

今はむしろハイレゾであることが当たり前になっていたり、ハイレゾ対応でないのにハイレゾ対応だと嘘をついていたものが淘汰されたりなどマニア-いわゆる音楽じゃなく音を聞く層-しか興味を示さないものになってしまいました。

それにお金がかかりそう、という声があるのも実情です。

今回はそんな方のためにお手軽に高音質で音楽を楽しむ方法をご説明します。

PCオーディオとは

簡単に言うとパソコンで音楽を再生することです。
なぜただそれだけのことが流行りだしたのでしょうか?

それはUSB-DACの台頭にあります。

DACとは

イヤホンにしろスピーカーにしろプレーヤーから再生された音楽を音にして聞こえる状態にするために

MP3やWMAといったデジタルの音楽データをアナログ信号に変換する必要があります。

デジタルの音楽データは「0100101・・・」といった数字の羅列です。

アナログ信号とは音の波のことです。

デジタルデータを音の波に変化するシステムをDAC(Digital→Analog Converter)といいます。

そのDACシステムにも良いDACと悪いDACがあるため、プレーヤーによって音質が微妙に変わるわけです。

そしてパソコンの場合、音楽再生に特化したプレーヤーではないので質の低いDACを使用しています。

ですからそのままパソコンの音声出力端子(イヤホンジャック)からイヤホンやスピーカーを繋いで再生すると

わずかなノイズが発生するなど良い音質とは言えない状態になってしまうのです。

そこでUSB-DACの出番です。

USB-DACで高音質に!

パソコン内部のDACで高音質に再生できないなら、別に良いDACを経由してスピーカーに繋げば良いんだ!

というのがPCオーディオの基本です。

スポンサーリンク

図に表すとこんな感じになります。

デジタルのまま取り出すからハイレゾ再生可能に!

ほとんどのパソコンでハイレゾ音源を購入、再生することはできます。

ですが、そのままパソコンのイヤホンジャックからハイレゾのまま再生することはできません。

しかし、ハイレゾが再生できるUSB-DACを搭載したプリメインアンプ等とUSBで繋ぐことで

ハイレゾ音源をハイレゾのまま再生することができるようになるんです。

おすすめPCオーディオシステム

いまパソコンをお持ちでしたらあとはUSB-DAC搭載アンプとスピーカーを用意すればシステムの完成です。

まずはUSB-DAC搭載プリメインアンプです。

おすすめプリメインアンプ『A-H01』

インピーダンスも4Ω~8Ωと対応するスピーカーも多いため、ほとんどのスピーカーを繋げることができます。

気になる再生周波数帯域は10Hz~80kHz。

低域も高域もバランスよく再生できるアンプです。

出力端子も豊富で光デジタルやサブウーファー出力も搭載しています。

おすすめスピーカー『D-55EX』

再生周波数帯域は60Hz~100kHz。

高域は申し分なく、低域に関しても足りないように思えますが豊かに再生してくれます。

低域をカバーしたい場合はウーファーを用意しましょう。

もしお金に余裕があるなら「DALI ZENSOR1」や「ZENZOR3」もおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

お手軽に楽しめるのでぜひ参考にしてみてください。

もしPCオーディオが気に入ったらスピーカー台やインシュレーター、ケーブルなどにも気を使ってみてはいかがでしょうか?

それらに手を出すころにはもう「スピーカー沼」にはまって、「音楽じゃなく音を聞く勢」になっているかもしれませんが・・・。