ブログの記事が書けない・思いつかない方にSWOT分析を強くお勧めします。 |

ブログの記事が書けない・思いつかない方にSWOT分析を強くお勧めします。

注目記事

SWOT分析をご存知ですか?

SWOT分析とは組織や個人がプロジェクトやビジネスにおいてある目的・目標に達成するために

内部的要因(強み・弱み)と外部的要因(機会・脅威)を分析し、そのプロジェクトを取り巻く環境の改善を図る手法です。

表にあらわすと下のようになります。

・自分のブログが他のブログよりも優れた・得意な・勝てる点はなにか

・自分のブログが他のブログよりも劣った・苦手な・負ける点はなにか

・自分のブログにとって有利な・安全な・役に立つとりまく環境の変化はなにか

・自分のブログにとって不利な・危険な・負担増となるとりまく環境の変化はなにか

をそれぞれ書き出します。

そして書き出したそれぞれから今後どうするべきかを考えます。

こうすることで自分の得意なジャンルや物事について最適なタイミングで書くことができるようになるし

苦手なことについて可視化することにより争う必要のない他のブログや記事との競合を避けることができます。

大きなブログの枠組みの基盤固めとして利用する

ブログを始めようとするさいにも大変役に立つ分析方法です。

たとえば

この段階で、自作パソコンについて特化したブログを作るのが向いていることがわかります。

しかし、具体的にどのような記事を書くのか、どのような記事を書かず類似ブログと差異をつけるのかがわかっていません。

ですから

スポンサーリンク

このように書き出すことで今後の記事の方針を定めることができます。

記事が書けない、思いつかないときに利用する

ブログの方針が決まったがある程度記事を書いたら思いつかなくなってしまうことがあると思います。

そんなときにもSWOT分析の出番です。

僕のブログを例に出しましょう。

僕のブログは「ハジメテ」をテーマに何かを始めようとしている方の支援、また自分がはじめて○○してみた感想などを書いていくブログです。

一見特化型のようにも見えますが、書く記事のジャンルについては定まっていないのでどちらかといえば雑記ブログですね。

そんなブログですので自分の張っているアンテナの範囲内の「はじめて」のストックがなくなることもしばしば。

そういう場合にはSWOT分析の

強みを「興味のあること」

弱みを「興味のあることについて知らないこと」

機会を「興味のあることとよく一緒に検索されていること(関連検索ワード・検索クエリ)」

脅威を「他ブログの類似記事」

と置き換えて考えることで記事の作成をスムーズに行うことができます。

この場合のSWOT分析は正直SWOT分析とは言いがたいものになってしまうかもしれませんが、形を流用したということで形式的にSWOT分析と呼ばせていただきます。

僕の書いた記事の中で今現在検索結果上位に表示され、高いPV数を上げている

ロールアイスをご存知ですか? 事の発端はYoutubeにてタイの...

この記事を例に出すとSWOT分析の表はこのようになります。


僕のブログのテーマである「はじめて」というところからも大きく外れてないですし、類似ブログとの差異も明らかにできます。

まとめ:困ったときのSWOT分析

ブログのテーマさえしっかり決めておけばあとはそのブログにあった流行や機会は時がたつにつれ必ずやってきますので

定期的にいろんなニュースやサイトをチェックし、SWOT分析を取り入れましょう。


コメント

  1. […] ブログの記事が書けない・思いつかない方にSWOT分析を強くお勧めします。 […]

  2. […] ブログの記事が書けない・思いつかない方にSWOT分析を強くお勧めします。 […]