仕事が遅いと怒られないために。効率的に動く方法 |

仕事が遅いと怒られないために。効率的に動く方法

注目記事

仕事が遅い!とか、まだそれやってるのか!とか、いつも怒られてしまうあなた。

また、私生活の中でもやらなければいけないことを後回しにしてしまうあなた。

そんな方たちのために、今回は効率的に物事をこなしていくための方法をご説明します。

いきなりとりかからない

やるべきことができたとき、いきなり作業を始めていませんか?

「先にこっちからやっておけばよかった!」とならないように、

まずは落ち着いて、どう進めていけば早く終わるか、頭の中でシミュレーションして最適な進め方を導き出しましょう。

優先順位をつける

まず何から手をつけるべきか順番を考えましょう。

期限が迫っているものから捌いていき、最悪明日になってしまっても良いものを一番最後に持っていく。

そうすることで自分の気持ち的にも楽に一つ一つこなしていけるはずです。

『いきなりとりかからない』の順序とあわせて、優先順位を紙に書き出して終わったものからチェックをつけていくのも有効でしょう。

ではもし、優先順位の高いものから捌いている途中に

「これもやっといて!」

と言われたらどうしますか?

先に指示されたことをやったほうが良いときは、ふせんを有効活用して円滑に再開できるようにするのが良いでしょう。

付箋を活用する

どうしても作業を中断しなければいけなくなったとき、どうしていますか?

そのままなにもせずに別の作業に移ってしまって、再開するときにどこまでやったかわからくなっていませんか?

そんな事態を防ぐためにも付箋を有効活用しましょう。

中断する作業で使っていたものやわかりやすい場所に、どこまでやったのか、どこから再開するのかを書いた付箋を貼っておけば再開する際、スムーズに取り掛かることができます。

あわてない

一番大事なのは、「あわてない」ことです。

「早く終わらせなきゃ」と思うと逆に余計なミスをしてしまったり、正しい順序でできなくなってしまいます。

スポンサーリンク

あわてずに、むしろちょっとゆっくりやりすぎじゃないかというくらいがちょうどいいんです。

手伝ってもらう

任された作業を全部一人でやろうとしていませんか?

時には人を頼るのも大切です。

でも全部人任せにするのはいけません。

その作業を以前にやったことがある人がいるなら

「ここまでできたんですけど、このあとどうするのが一番良いですか?」

「こうやろうと思うんですけど、もっと良い方法はありますか?」

などとたずねて、効率的にできる方法を模索しましょう。

そうすることで、「この人は自分で考えることのできる人だ」と評価も高くなります。

「調べる」前段階 前回こちらの記事で、頭が良くなる、博識にな...

何も考えずに人を頼るのではなく日頃からまず自分で調べる、考えることを習慣付けておきましょう。

こちらの記事から読んでいただくとより深く理解できるかと思います...

常に「ついでに」を意識する

効率の良い人は常に「ついでにできることはないか」を考えながら動いています。

優先順位をつけたあと「これとこれは並行してやっても能率は落ちないな」とか

日常生活でも言える事ですが「これを持っていくついでに何か一緒に持っていくものはないか」とか考えて動く事で

作業スピードは大幅にアップします。

まとめ

極論ですが、僕は「これが終わらなかったからといって死ぬわけじゃないし・・・」くらいに楽観的に考えながら一つ一つに取り組んでいます。

あなたが今、仕事や学校でいやなことがあって落ち込んでいるなら、この「死...

いきなり効率的に動ける人間はいませんから、まずはたくさん経験してどうしたら効率よく捌けるのかを毎日反省して、だんだん早くなっていくのが正攻法です。


コメント