反故←これ読めますか?社会人として読めないと恥ずかしい漢字 |

読めたら一人前!社会人なら読めて当たり前?の難読漢字あれこれ

注目記事

普段、友人らとの会話で難しい言葉や慣用句はそう使わないという方。

いざ会社で上司と話す機会ができたとき、ついタメ口になってしまったり、「あれ、こういうのなんて言うんだっけ?」となってしまったりしてませんか?

同僚との会話でもさりげなくかっこいい言葉をつかうと一目置かれるかもしれません。

そんなできる大人になるために、今回はいざというときに使える二字熟語を例文と一緒にご紹介します。

以下、五十音順に並んでいます。

可及(かきゅう)

できるだけすばやく。例.「可及的速やかに計画を試行すべきだ。」

懸念(けねん)

気にかかって不安がること。例.「計画の懸念事項を解消する。」

言質(げんち

あとで証拠となる言葉。例.「取引先の言質を取った。」

功罪(こうざい)

てがらとあやまち。よい点と悪い点。例.「企画の功罪を考えよう。」

暫時(ざんじ)

しばらくの間。例.「暫時の猶予が必要だ。」

恣意(しい)

思いついたままの考え。例.「恣意的な判断は禁物だ。」

進捗(しんちょく)

ものごとがはかどること。例.「進捗状況はどうですか?」

遂行(すいこう)

任務や仕事をやりとげること。例.「職務を遂行する。」

杜撰(ずさん)

誤りが多く、いい加減なこと。例.「計画の杜撰さが露呈する。」

脆弱(ぜいじゃく)

もろくてよわいこと。例.「コンピュータの脆弱性を改善する。」

漸次(ぜんじ)

次第に。だんだん。例.「売り上げが漸次増加してきた。」

相乗(そうじょう)

二つ以上の要因が同時に働くこと。例.「相乗効果が期待できる。」

スポンサーリンク

遡及(そきゅう)

過去にさかのぼって影響・効力を及ぼすこと。例.「四月まで遡及して手当てを貰う。」

忖度(そんたく)

相手の気持をおしはかること。例.「彼の真意を忖度する。」

弾劾(だんがい)

犯罪や不正を公開させて、責任を問うこと。例.「腐敗した政治を弾劾しなければならない。」

貼付(ちょうふ)

はりつけること。例.「資料に貼付してください。」

直近(ちょっきん)

とても近いさま。例.「直近のスケジュールを確認する。」

添付(てんぷ)

あるものをつけそえること。例.「メールに画像を添付してください。」

敷設(ふせつ)

装備、設備などを設置すること。例.「鉄道の敷設作業に追われた。」

払拭(ふっしょく)

はらいぬぐいさること。例.「余分な思案を払拭する。」

反故(ほご)

ないものとする。役に立たないものにする。例.「契約を反故にする。」

露呈(ろてい)

隠れていた事柄が表面に現れ出ること。例.「彼の本性が露呈した。」

歪曲(わいきょく)

事実をわざとゆがめて伝えること。例.「事実を歪曲するのはご法度だ。」

まとめ

いかがでしたか?

ぜひすべて覚えて、誰かがつかったときに意味がすぐに思い浮かべられるようになってくださいね。