はじめてのアルバイト面接-採用率を上げて好印象を与える志望動機の答え方- |

【はじめてのアルバイト面接】採用率を上げて好印象を与える志望動機の答え方

注目記事

前回、おすすめのアルバイトをご紹介しました。

5月中旬、学生生活にも慣れて、そろそろバイト始めようかなーと思い始めて...

はじめてのアルバイトの面接で最初に悩むのが、志望動機

今回はその、志望動機の答え方に加えてよく聞かれる質問の模範解答を会話形式で説明しますので参考にしてみてください。

質問1.志望動機

接客バイトの志望動機

店長
志望動機を教えてもらえますか?
まず第一に扱っている商品が自分の好きなものなので、積極的に取り組めそうだということと、人と話すのがすきなので、接客という仕事も自分にあっていると思ったこと。それから、家からの距離も通勤圏内なので、御社を志望しました。

家から近いとか、時給が高いとかを前面に押し出すと、「ほかにもあるよね?」って話になるのでそのお店でなければダメなんです!という感じを伝えるのが良いでしょう。

接客業の志望動機.2

店長
志望動機を教えてもらえますか?
まず第一に扱っている商品が自分の好きなものだということと、友達が接客のアルバイトをやって人見知りが直ったという風に言っていたので、接客のアルバイトをすることが将来の役に立ちそうだと思ったので志望しました。

将来のことを考えて、計画的に取り組むまじめな人間だと思わせよう。

飲食業の志望動機

店長
志望動機を教えてもらえますか?
昔から、料理をするのが好きでせっかくアルバイトするなら自分の好きなことを生かしたいと思ったのと、アルバイトを通して自分の料理のレパートリーも増やせたらなと思ったこと、それからこちらのお店をよく利用していてお店や料理、スタッフの雰囲気がとてもよかったので志望しました。

やはり、このお店だから志望したのだ、ということを伝えるようにしたほうが良いでしょう。

事務作業の志望動機

面接担当者
志望動機を教えてもらえますか?
もともと、パソコンをよく使っていてエクセルやワードも基本的なことはできるので業務もすぐに覚えられるだろうということと、座って集中して取り組むのも苦ではないことも含めて自分にあっていると思ったので志望しました。

面接担当者に聞かれそうなことをさきに志望動機として言ってしまえば面接もスムーズに進みますし、印象もよいでしょう。

質問2.志望動機+α「なんであっちのお店じゃなくてうちを選んだの?

店長
近くにうちと同じようなお店があるけど、どうしてそこじゃなくてうちを選んだの?
こちらの方が、小さいときからよく利用して慣れ親しんだお店であるのと、扱っているものの中でこちらの方が私の好きなものが多く取り扱っていたのでこちらを志望しました。

あまり聞かれることはないかもしれませんが、たとえば僕の場合

某レンタルビデオショップの面接を受けたとき、近くに別の競合店があったのですが僕が志望したところはゲームも取り扱っていたのでそのことを志望理由にしました。

ほかにも、アパレル関係なら上記の理由が有効だと思います。

細かい注意点

すらすらと答えよう

言葉に詰まって、「あのー」とか「えーと」とか言ってしまうと何も考えてこなかったのか!と印象が悪くなってしまいます。

スポンサーリンク

すらすらと流れるように受け答えすれば面接の前にしっかりどんな質問が来て、どんな風に答えればいいか考えてきたまじめな人間だと思ってくれます。

細かい言葉遣いに気をつけよう(敬語・略語)

敬語については言うまでもないですね。

略語というのはアルバイトをバイトと略すことだけでなく、ありがちな「そっすね」とか「大丈夫っす」とか言うのもNGです。

茶髪や金髪は大丈夫?

これは職種にもよりますが、茶髪程度なら大丈夫なところが多いですね。
大丈夫、というのはあくまでも面接を茶髪で受けに行っても大丈夫、ということなので面接時に「黒髪に戻すことができる?」とか聞かれ黒髪に戻せなければ採用しない、ということもありますのでご注意ください。

金髪はなるべく避けたほうが良いでしょう。

少しくらいの嘘は必要です

結局のところ、できれば働きたくないものです。

好きでもなんでもないお店しか近くにない場合は、嘘も必要です。

「昔からよく利用していた」とか「雰囲気が気に入った」とか、この程度の嘘ならよほど後でボロをださなければ吐いても平気です。

「土日絶対入れます!」とか「前にも同じようなところで働いてたので即戦力になれます!」とかの嘘はできなかったとき、どうなるか言わなくてもわかりますよね。

まとめ

なにはなくとも、緊張しないことが一番です。

最初のうちはやはり上がってしまいますが、結局、そんな人間をやさしく励ましてなおかつ採用してくれるようなお店こそ丁寧に教えてくれる良い職場だったりしますから、不採用になってもあきらめずに挑戦し続けてくださいね。