勉強が嫌いな方に読んでほしい。 |

勉強が嫌いな方に読んでほしい。したくないなら、しなくてもいいんです。

注目記事

ことあるごとに先生や親は勉強しろ勉強しろと、口うるさく言ってきますよね。

でも勉強って意味あるの?

もっと別にしたいことがあるんだけど・・・。

と思いますよね。

僕は勉強が嫌いならしなくても良いと思います。

そう思う理由がちゃんとありますので、今回はそれをお話しします。

そもそも学校の勉強って意味なくない?

数学や理科、英語・・・。
興味もないのに、なんでいろいろ覚えさせられるのでしょうか。

でもそれにも一応意味・意義があるんです。

教科ごとに勉強する意味を見ていきましょう。

こちらの記事にもより詳しく学校の教科を勉強する意味について書いていますのでぜひご一読ください。

国語を学ぶ意義

その名のとおり、日本語を勉強する科目です。

現在、自分が話している豊かな日本語が優れたコミュニケーション手段だと認識し、相手の気持ちを考える力や、相手に自分の考えを正しく伝えるための表現力を養います。

数学を学ぶ意義

数字を用いて、計算式や表題を証明する科目です。

さまざまな方程式を用いて計算していくことで、

論理立ててものごとを考え、ひとつの方法に捉われない力、単純化していく力、複数の視点からみる力を養い、この世のすべてが数式で表されることも併せて学びます。

理科(生物・物理)を学ぶ意義

地球や宇宙がいかにして成り立ち、いかにして人間が生まれたかを知ることで、命の尊さを学びます。

この世のメカニズムの法則、名前を知ることで、自分の住む地球に興味を持ち技術の進歩の一端を担う人間を養います。

社会(歴史・経済)を学ぶ意義

人間がどのようにして今日の国、法律、規則をつくりあげたかを知り、今後同じ過ちを繰り返さずに発展していける力を養います。

お金によってどのように経済が回っているのかを知り、働く上で困らないよう知識を養います。

英語を学ぶ意義

グローバル化が進む世界で海外で働くこと、

英語を話す職場が増えることを視野にいれ、公用語になりつつある英語を学ぶことで有利に働ける人間を養う。

学校の勉強にも一応意味があるんです

上で書いたように、こじつけに思える科目もあると思いますが一応基本的な思考能力を養うとか、社会に出たとき困らないようにとか、意味があるんです。

それでもあえて僕は言います。学校の勉強が嫌いなら、しなくていいんです。

でも条件があるんです。

好きなことを見つけてください

学校の勉強をしないかわりに好きなことをしてください。

好きなことならたくさんあるよ!と思うかもしれません。

でも、それは

朝から晩までやれますか?

何十年と続けられますか?

さまざまな分野で第一線で活躍している人間は、小学生のころから、長ければ幼稚園のころから続けている方が多いです。

もちろん高校時代からという方もたくさんいます。

でもどの方にもいえるのは、一日中練習して、そんな生活を何十年と続けているということです。

スポンサーリンク

そして、誰にも負けないという気持ちでやっています。

ただの「好き」では駄目です

たとえば今、ゲームが好きだからゲームで世界一になる!と考えたとします。

とても良い夢だと思います。

最近ではeスポーツとして少しずつ普及してきました。

でもそのためには相当な努力が必要です。

誰よりもゲームが上手にならなければなりません。それもひとつのゲームで、です。

ただ、いろんなゲームをするのが好き。ストーリーをクリアするのが好き、では駄目なんです。

じゃあ、ゲーム実況はどうか、というと最近は斜陽になってきたので、動画投稿で食べていくのは厳しい道のりです。

する側として好きなことを見つける

音楽を聴くのが好きなのを、音楽を作るのが好きだと勘違いしたり

本を読むのが好きなのを、本を書くのが好きだと勘違いしたり

経験ありませんか?

見たり聞いたりするのが好きなのは、結局趣味の粋をでませんのでご注意を。

できなくても楽しいことを見つけてください

何か好きなこと、したいことを見つけても、ちょっとするとうまくできなくて飽きてしまう、諦めてしまう。

そんなことはありませんか?

それならばさっさと見切りをつけて、できなくても楽しいことを見つけてください。

どうやったらできるようになるのか考えているだけでも楽しいこと見つけてください。

好きなことを見つけたら、ひたすらやって、ひたすらそのことを考えてください

どうしたらできるようになるのか

明日はこういう練習をしよう

ずっとそのことだけ考えてください。

勘のいいかたはもうお気づきかもしれませんが、これは結局勉強なんですよね。

つまりどういうことかというと

勉強=嫌いなことを覚える

という考え方を変えて、

勉強=好きなことを覚える

という風に考えるようにしてみてください。

だから、学校の勉強が嫌いなら、ほかの好きなことをみつけて勉強してください。

もし、好きなことが見つからないなら

ここまで話してきてなんですが、好きなことが見つからない方は

学校の勉強をする意義を考えながらとりあえず学校の勉強をしてください。

どうしてもそれができない!という方は

いろいろ経験してください、行動してください

とにかく目に付いたものに挑戦してください。

思わぬところから自分の生涯をかけて続けられるものが見つかるかもしれません。