micro SDカードって何を買ったらいいの?失敗しないmicro SDカードの選び方 |

micro SDカードって何を買ったらいいの?失敗しないmicro SDカードの選び方

注目記事

Androidのスマホの写真や動画、音楽をたくさん保存しておくためには、micro SDカードは必須ですよね。

でも何を買ったらいいのかわからない・・・。

そんな方のために、micro SDカードについてイチからご説明いたします。

micro SDカード

「ていうか、micro SDカードって何?」

SDカードの小型版で、スマホやデジカメのような小さい機器に適した記録媒体です。

「そもそも、micro SDカードって必要なの?」

スマホにももともと、同じように16GBや32GBなどあるていど記録できる容量が入っています。
でも、使っていくうちにいろいろなアプリや写真、動画が溜まってくるとそれだけでは足りなくなってきてしまいます。

こんな状態になってしまったら、

アプリや写真を削除するか、micro SDカードの出番です。

もともと16GB保存できる容量があったスマホの場合だと、今保存しているものを削除することなくさらに
今の2倍保存できる容量が増えるんです。

まず、容量ってなに?写真とか音楽とかどれくらい入るの?

スマホにあるアプリや写真や動画はすべて、大きさがあります。

その大きさはひとつひとつ異なります。

写真なら、高解像度つまりきれいな写真になればなるほど、動画なら、長くなればなるほど

その大きさは増していきます。

その大きさを表す単位が、「B(バイト)」です。

特に覚えておいてほしいのが、KB(キロバイト)、MB(メガバイト)、GB(ギガバイト)の三つです。

KBはBの約1000倍、MBはKBの約1000倍、GBはMBの約1000倍です。

1000B=1KB

1000KB=1MB

1000MB=1GB

ということですね。

写真はだいたい2MBほどなので、16GBだと約8000枚入る計算になります。

音楽だとだいたい5MBほどなので、16GBだと約3200曲程度。

ただ加工した写真や音楽の長さ、種類によって容量はまちまちなのであくまで目安として考えてください。

用途に合わせて容量を選ぶ

上記の容量を参考に、自分が何を主に保存するかを考えてみてください。

写真が主なら、8GB程度でも十分はいります。

スポンサーリンク

音楽や動画をたくさん入れたいなら、32GB、余裕を持って64GBを買っても後悔しないでしょう。

micro SDカードの価格相場

ここまで読んで、何GBのものを買えばいいかはわかったけどあまり高いものは買いたくない!と思いますよね。

microSDカードは、できればAmazonなどの通販で買うことをおすすめします。

その証拠に、電気屋のmicroSDカードコーナーを見てみてください。

おそらくネットよりもずいぶんと高い値段で売っていませんか?

今のmicroSDカードは通販なら、

4GB 800円程度

8GB 800円から1000円程度

16GB 1000円程度

32GB 1600円から2000円程度

64GB 3000円程度

で購入できます。

そして、購入する際に気をつけてほしいのは転送速度の速さをあらわすClassとmicro SDカードを挿す機器の対応している容量です。

転送速度

転送速度とは、画像や動画を保存するときの時間であったり、保存したものを再生するまでの時間のことです。

これはスピードクラスといわれ、Class2、4、6、10、とあり数字が大きければ大きいほど早く転送できます。

迷ったら

このマークの付いているものを買っておけば間違いないでしょう。

次にスマホがどれだけの容量のmicro SDカードに対応しているかです。

micro SDカードの種類

micro SDカードは、容量によって呼び方が少し変わります。

2GB・・・ micro SD

4、8、16、32GB・・・ micro SDHC

64、128GB・・・ micro SDXC

こんな感じにHCやXCと後ろに付くわけです。
最近のスマホはほとんどXCにも対応していますので、あまり心配はいりませんが少し前の製品に使いたいときは対応している容量を確認しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

いざというとき、大切な写真を削除してしまうことのないよう備えておきましょう。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] micro SDカードって何を買ったらいいの?失敗しないmicro SDカードの選び方 […]