買う気がない・読む気がなくても本屋に行くべき単純な理由。本屋に行くだけで頭が良くなるって知ってた? |

【「買わない」「読まない」でも本屋に行くべき理由】本屋に行くだけで頭が良くなるのになんで行かないの?

注目記事

衰退する町の本屋さん

今回する話の大筋とは少しずれるかもしれませんが、

今日町の本屋が次々潰れ減少していることが深刻な問題となっています。

原因のひとつが大型デパートへの一極集中です。

僕の住む富士宮でも、駅前商店街に若者が行くことはまずありません。

服を買うのもゲームを買うのも、そして本を買うのもすべて「イオン」です。

そしてそれよりも大きな原因が、インターネット通販の普及です。

僕もAmazonさんにはよくお世話になります。

店頭にないものも多く取り揃えていますし、お店にあるものでも通販のほうが安いというメリットもあります。

そしてなにより「検索すればすぐに目当てのものが見つかる」ということが大きいでしょう。

「あれが欲しい」と思ったとき、お店で探そうとするとあちらこちらへ歩いていかないといけません。

歩き回った結果結局見つからないなんてこともしばしば。

店頭で並べられる数には限りがあるので、やはりインターネットの方が在庫が豊富であることは否めません。

これは本も例外ではありません。

結局目当ての本がある場合にはインターネットで探したほうが早いことは確かです。

しかしこれはあくまでも本を読む人にだけ言えることです。

おそらく本を読まない人は本を検索することはおろか、本屋に行くことさえしないでしょう。

本を見る機会といえばコンビニにちょろっとおいてある漫画や雑誌くらいなもので、本屋なんてほとんど行かないという方。

僕はそんな方たちにこそ、本屋に行ってほしいと思っています。

だからといって別に「本屋を衰退させないために本を買え!」という主張がしたいわけではありません。

僕が言いたいのは

「本屋に行くだけで頭が良くなるから本屋に行け!」

ということです。

前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。

とりあえず一周してみよう

本屋に入って、あなたはまずどう動きますか?

いきなり目当ての本がある場所に一直線ですか?

目当ての本がない場合には興味のあるジャンルの本が置いてあるところへ向かいますか?

これは非常にもったいない行動です。

本屋は「知識の宝庫」です。

あなたが微塵も興味の示さないことについて、必死に勉強した方たちが自分の文章力でもって勉強したことを集約させた一冊が集まっている場所です。

たとえ興味がないことばかりでもまず店内を一周してみましょう。

そうすることであなたはなにを目にしますか?

本屋で一番目にするものはなに?

そう。文字です。

日常で、ここまで無意識のうちに多くの文字を目にすることができる場所はそうありません。

「文字」は自分で意識しないとなかなか読む機会がありません。

スポンサーリンク

たとえ意識して読もうと思っても自分の興味のあることについての文字しか見ません。

ファッションが好きでファッションについてのネットの記事や雑誌を読んだとして、

「アドラー心理学」という言葉を知る機会にはなりません。

しかし本屋を一周して、心理学や哲学のコーナーに差し掛かったときそこには

プラトンだとかフロイトだとかの「イデア論」、「精神分析」という言葉にあふれています。

この「文字を見る」という行為が頭を良くするために必要なことの一つなのです。

手に取らなくてよい。タイトルだけ読む

もちろん一周する間に気になった本があったら積極的に手にとって、ペラペラと何節か読んで見るのもたいへん有効的です。

しかし読むことに抵抗があるなら、わざわざ手にとって無理にページをめくる必要はありません。

やってほしいことはとにかく「タイトルを見る」ということです。

あなたが心理学コーナーを通る前に「原因論」という言葉を知らなくて、

通り過ぎる際に「原因論」やその他の知らなかった言葉を目にしたなら、あなたはそれらを見た分だけ「頭が良くなった」と言えるのです。

できることならタイトルにあった言葉を少し調べてみる、ということもして欲しいですが

まずは「知らない言葉を知る」ということを念頭において一周してみてください。

手にした本の効果的な流し読みの仕方

もし気になった本があって、でも文章をじっくり読むのはちょっと・・・と思うなら「目次」だけでも読んでみてください。

目次は「ハイライト」とも言えるものです。

ハイライトとは「もっとも明るい部分」のことですから、本の内容で言えば「もっとも伝えたい部分」ということです。

目次だけ読めば著者がなにを伝えたいのか、だいたいわかります。

この記事でも「本屋が衰退しているということ」「店内を一周して欲しいということ」「タイトルだけ読んで欲しいということ」「流し読みの方法について知ってほしいということ」が見出しだけでわかります。

目次を読んで「もっと詳しく知りたい!読みたい!」と思う項が二つ三つあったならぜひ買ってみて、家でゆっくり読んでみてください。

まとめ:「興味ない」を強制的に見るということ

・店内を一周してみる

・タイトルだけでも注視する

・気になったら目次だけでも読む

本屋によく行く、という方には当然過ぎて「なんでわざわざ書くの?」とさえ思うようなことばかりかもしれませんね。

本屋によく行く人と行かない人で大きな差ができる部分は「興味がないことへの向き合い方」なんじゃないかと思います。

本屋へ行って目当ての本がある場所以外にも目を向けることで、「好きでもないこと」について知ることができます。

これはたいへん重要なことだと思います。

その時点では興味のないことでも、あるとき急に

「あれ?この前見たあれ実は好きなことに繋がるんじゃないか?」とか

「なんか急にこの前みたあの本に興味が湧いてきた」とか思うようになって、新たな知識享受の手助けになるのです。

本屋へ行かない人は常日頃、興味のあることにしか目を向けず視野が狭まり開花するはずだった自分の可能性さえも封じ込めてしまうのではないかと考えます。

この機会にぜひ本屋へ足を運んで、とりあえず一周してみてください。

今回は本屋にフォーカスして話を進めましたが、もちろん図書館の方が近くにあるなら図書館でも構いません。

思わぬ本が、本のタイトルが、あなたの未来へ一石を投じるかもしれませんよ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする