ブログの記事を忘れずに書くためにiPhoneのメモアプリをフル活用しているという話(ブログを始めるときにも) |

ブログの記事を忘れずに書くためにiPhoneのメモアプリをフル活用しているという話(ブログを始めるときにも)

注目記事

ブログの記事を書くときどうしていますか?

いきなり編集画面を開いて書き始めますか?

事前に構成を考えますか?

僕は記事を書くとき、というより記事が思いついたときにメモをするようにしています。

それも紙のメモではなく、iPhoneにプリインストールされているメモアプリを使っています。

このアプリが非常に優秀で、記事を書くとき以外でもたとえばブログを始めるときの大きなテーマを考えるのにもうってつけなんです。

いざ記事を書こうと思ったときに忘れてしまわないように、また迅速に効率よく更新ができるように今回ご説明するメモの仕方を参考にしてみてはいかがでしょうか?

思いついた記事のタイトルをひたすらメモする

僕の場合記事の内容はすぐには思いつかず、タイトルだけがふっと思い浮かぶことが多いので思いついた記事のタイトルをまずはひたすらメモします。

メモした内容を公開するのは自分の頭の中をのぞかれるようで恥ずかしいですが、こんな感じにひたすらメモしています。

記事の内容のメモの仕方

思いついたことをメモしたら次は内容です。

たとえば今書いているこの記事の場合、タイトルが最初に思いついたのでタイトルをメモしました。

とりあえずタイトル以外は思いつかなかったのでそのままにしておきました。

また数日経ってからこの記事の内容について思いついたのでメモしました。

僕の場合、記事を書くときの文体で書くこともありますが基本的には箇条書きでメモしています。

記事の内容が思いついたものに関しては個別にメモを用意して、こんな感じにまとめます。

行数にすると3行しかないですが、これだけで2,000文字はギリギリいきますね。

ここまでメモした段階で記事を書いてしまうことも多いですが、忘れてしまいそうな記事の場合はもっと細かく書いていきます。

紙のメモより優れている点

メモに則って紙よりも優れている点を説明していきます。

更新したメモが一番上に来る

書いたメモが増えていくにつれて、昔メモした記事について内容が思いついたので新しくメモしておこうと思うことがあります。

そうすると内容が更新されたメモはメモ一覧の一番上にくるので次の日に記事を書こうと思ったとき、すぐにどれが直近で更新したメモか一目でわかります。

紙のメモだとかさばってどれがどれだかすぐにわからなくなってしまいますよね。

コピー&ペーストで楽々更新

メモした内容をもう一度編集画面で書いていくのは面倒ですよね。

でもiPhoneにもWordPressのアプリはありますし、他ブログでもスマホからの更新は可能です。

ですからメモした内容をコピー&ペーストで更新できるのも嬉しいところです。

外出先でもすぐにメモできる!

ここまで聞いてパソコンのメモでも良いんじゃないか?とお思いでしょう。

でもブログの記事や記事の内容はふとしたときに思いつくものです。

通勤途中や寝る直前。

スポンサーリンク

そんなときにいちいちパソコンを立ち上げるのは億劫ですよね。

ましてや紙とペンを用意するのも面倒なものです。

すぐに起動して、紙もペンもいらずにメモできちゃう。

そう、iPhoneならね。

WordPressの下書きは使いません

このブログはWordPressを使って更新します。

じつはWordpressにメモとして使える「下書き」の機能があります。

スマホのアプリ版にも下書きの機能はついているのでスマホでも可能なんです。

しかし僕はこの下書き機能は極力使わないようにしています。

Twitterの自動更新が機能しない!

この下書き機能で下書き保存した後、再度下書きを更新して記事として公開しようとするとツイッターの自動更新が機能しないんですよね。

いや、もしかすると機能するようにすることもできるのかもしれませんが僕の足りない頭ではそこまで調べられませんでした・・・。

記事のタイトルも内容も思いつかないときのメモの仕方

そうは言っても記事のタイトルも内容も何も思いつかない!

そんなときもあります。

そんなときはもう興味のあることをひたすら書き出します。

こんな感じにとにかく少しでも興味を持ったものについてずらーと書き出していきます。

その中からさらにこれならもっと深く掘り下げて調べられそうだというものを選び抜いて、じゃあどんな記事が書けそうかと考えていきます。

ブログを始めるときにも!

これはブログを始めるときにも有効な手段です。

とにかく興味のある分野を書き出す。

そうすると好きだと思っていたけどそんなに好きじゃないものも見えてきたり、逆に意外といろいろ詳しく調べたいというものが見えてきたりします。

そうした後でこちらの記事にある「SWOT分析」を利用した解析でより良い記事が書けるようになると思います。

SWOT分析をご存知ですか? SWOT分析とは組織や個人がプロジェク...

まとめ

・タイトルだけひたすらメモする

・内容が思いついたものから個別にメモを用意する

・何も思いつかないなら興味のあることをひたすら書き出す

重要な点はこの三つですね。

まずは少しでも興味のあることを覚えているうちに書き出してしまうのが良いでしょう。

あとで「なんか良い記事思いついたと思ったのに!」と後悔しないようにメモアプリをフル活用しましょう!