天皇様がいる意味・意義ご存知ですか?起源や象徴って? |

天皇様がいる意味・意義ご存知ですか?起源や象徴って?

注目記事

天皇が日本で上の存在であることは知っているけれど、そもそもなんで天皇が日本の象徴とされているのかはよく知らない・・・

なんて方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな方のために、簡単になるべくわかりやすく説明していこうと思います。

天皇とは

1 天皇は,日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって,この地位は,主権の存する日本国民の総意に基づく(憲法第1条)。
2 皇位は,世襲のものであって,国会の議決した皇室典範の定めるところにより,これを継承する(憲法第2条)。
(宮内庁HPより引用:http://www.kunaicho.go.jp/about/seido/seido01.html)

なんだか小難しく説明されていますね。

ここでいう象徴とは、お店の看板やロゴマークのような「シンボル」のことですがそれよりももっと揺るがないものです。

多くのブランドは創立当初から何度かロゴマークを変えています。

Adidas然り、APPLE然り・・・。

でも天皇という象徴は日本ができてからずっと変わりません。

もちろん天皇となる人は代々変わりますが、常に天皇という地位は「天皇」であって、人が変わったからといって別の呼称になることはありません。

つまり天皇とは日本という国をあらわすものであり、かつ日本に住む人を日本国民とするための地位であって、日本に住む人全員が「天皇様が日本のシンボルでいいよー」と思ってくれる存在である。

ということです。

言いかえれば、 天皇がいなくなったら日本は日本でなくなるし、日本に住む人が自分が何人であるかもわからなくなってしまうのです。

APPLEのロゴマークがなくなってしまったら、どこの会社の製品かわからなくなってしまいますし信用できる商品かもわからなくなりますよね。

でも、日本の象徴だからといってああしろこうしろと日本のあらゆることの舵をとれるわけではありません。

もちろん、総理大臣や裁判官の任命など最終的な決定を下す権利はありますが。

なんで天皇が象徴なの?

「そもそもなんで天皇が象徴なの?俺じゃだめなの?」
だめなんです。

皇族は、もとをたどると神様の子孫なのです。

急にファンタジーな話になりますが、もっといえばあなたもたどっていけばどこかの神様の子孫かもしれません。

スポンサーリンク

「じゃあやっぱり俺が天皇でもいいじゃん!」

となるかもしれませんが、やっぱりだめなんです。

初代天皇として神武天皇がいます。彼の系図をたどっていくと天照大神というそれはそれは偉大な神様につながります。

そんな偉大な神様の子孫である神武天皇のころからいままで、ずっとその血を絶やさずにきているのです。

こんな由緒正しいお家柄は皇族以外でそうありません。

日本の古い書物に書かれている人物の末裔が日本の象徴であることには異論はありませんよね。

天皇って普段何しているの?

先ほど少し書いた、総理大臣や裁判官の任命以外にも天皇はたくさんの仕事をしています。

それらの仕事の中でも

宮中祭祀は特に天皇らしい仕事といえます。

天皇以外はだれも執り行うことのできない「もっとも神聖な儀式」です。

内容はとてもシンプルです。

「日本の国の安泰と国民の平和」の祈願です

これは毎月行われます。

日本国民の何人が日本という国の安泰と、自分以外の国民の平和を祈っているでしょうか?

もちろん祈ったからといって、それが実現するわけではありません。

でも常に、日本という国が安寧であれと想ってくれている人物が日本の象徴としていてくれることが、

われわれ日本国民が日本国民たらしめる所以なのです。

「自分が日本人でいられるのは天皇様のおかげなんだ」と必要以上に崇め奉る必要はないかもしれませんが、少しでも頭の片隅に入れておくと良いかもしれません。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする